Search
Search Menu

ハリーウィンストン・HARRY WINSTONの華々しさの理由

ハリーウィンストン・HARRY WINSTONというジュエリーは、世界じゅうのセレブから愛されているダイヤモンドジュエリーです。

華々しいアカデミー賞で、ジュエリーの貸し出しをどのジュエリーブランドよりも先駆けておこなったのもハリーウィンストン・HARRY WINSTONです。

ハリーウィンストンの歴史

ハリーウィンストンとは、創業者ハリーウィンストンの名前です。ハリーウィンストンは、小さい頃から、ジュエリーを見抜く能力に優れていたと言われています。

ハリーウィンストンは、 12歳の頃に、質屋で緑色の石を25セントで購入しして、 800ドルを買取をしてもらってお小遣い稼ぎをしていたということです。彼は、他の人たちが見抜くことが出来なかった、そのジュエリーがエメラルドであったことをしっかり見抜くことが出来ていたのです。

「プレミア・ダイヤモンド社」を設立

そして、1920年には、ハリーウィンストン・HARRY WINSTONの前進とにる「プレミア・ダイヤモンド社」が設立されることになります。

ここから、ハリーウィンストン・HARRY WINSTONの数々の偉業のストーリーが創造されることになります。

そして、1932年に「ハリー・ウィンストン社」がスタートすることになります。ハリーウィンストンは、今後、 ジュエリーデザインなど、幅広く事業を展開することになります。

ハリーウィンストン・HARRY WINSTONは、まさに、キングオブダイヤモンドと言われ、時の人と化すことになりますが、そのとき、ハリーウィンストンは世間に対してこう言います。

「私ではなくダイヤモンドジュエリーを見て欲しい」と。

ですから、ハリーウィンストンは、マスコミに対して、生涯、顔写真を掲載させることはありませんでした。

それも、ハリーウィンストンがダイヤモンドジュエリーに対して深く拘る逸話として見ることが出来るのではないでしょうか。

最高峰ブランドである理由

ハリーウィンストンは、最高峰ブランドであり続けます。なぜ、ハリーウィンストンは、ずっとトップブランドの位置を保ち続けることが出来たのでしょうか。

それも、ハリーウィンストンの持つ、ダイヤモンドに対しての深い拘りにあります。

いろいろ宝石ブランドはありますが、ハリーウィンストンはダイヤモンドに対して深い拘りと執着心を持つブランドなのです。

有名なダイヤモンドの三分の一は、ハリーウィンストンの目を通過したものだとも言われています。

ハリーウィンストンは、ダイヤモンドの価値を高めるために ダイヤモンドの品質にも厳しい規準を設けたとも伝えられています。