Search
Search Menu

シャネル・CHANELのジュエリーブランドの魅力はココシャネルにあり

ココシャネルの意志を継承し魅力を発揮し続けるジュエリーブランドといえば、シャネル・CHANELのことです。

たったひとつブランドを選択したいという人たちは、この最高レベルのラグジュアリーブランドを選択する人たちが多いでしょう。

もはやシャネル・CHANELを知らない人もいないと言っていいでしょう。

シャネル・CHANELとは

シャネル・CHANELは、王室御用達と言ったよくあるブランドの歴史とは違い、ココ・シャネル1代で築き上げた歴史です。

ココ・シャネルの歴史は、いろいろな本、映画で扱われているので、そのことにも詳しい人は多くいるでしょう。

シャネル・CHANELのスタートは、1919年、パリにオープンした「シャネル・モード」という帽子屋でした。シンプルでデザイン性の高い帽子がシャネル・CHANELの原型と言っていいでしょう。

シャネル・CHANELは、その帽子によって、爆発的人気を得ることになり、1915年にはビアリッツにクチュールハウスをオープンさせ、5年後にはパリにもクチュールハウスをオープンすることになります。

そのような流れの中で、帽子から洋服にも裾野を広げていくことになります。

かの有名なシャネルの香水 「オードゥ・パルファムNo.5」は、1921年に誕生しました。

順風満帆な歴史ではなかった

ただし、ココシャネルの歴史は、順風満帆ということではなく、第2次世界大戦がスタートして、ブティックは閉鎖に追い込まれることになり、様々な事情からココシャネルが国民から非難を受けることになり、スイスでの亡命生活を余儀なくされることになります。

かつてココシャネルにとって優しいとはいうことが出来ない時代がありました。組織はどんどん大きくなって、 トップと現場の意見や価値観は離れていったという理由も存在しているでしょう。

繁忙期であるファッションショーの時期には、労働条件が酷いということで、ストライキもおこっていたようです。

ココシャネルに仕事に対しての傲慢さもあったと言います。ココシャネルは、「忙しいとき頑張って仕事するのは当たり前のことじゃないの。ちょっ苦しいからって何だっていうの?」と社員たちを叱ったと言います。

そして、戦争時の苦しい期間、ココシャネルは、ドイツ軍人の愛人になり生き残る道を模索したと伝えられています。これが、ココシャネルに対しての不満を爆発させたようです。

しかし、それでもシャネル・CHANELのジュエリーの魅力は、永遠ともいうことが出来ます。シャネル・スーツを発表しモード・オスカー受賞するなど、少しずつかつての栄光を取り戻していくことになります。