Search
Search Menu

カルティエ・CARTIERに熱中する人々

カルティエ・CARTIERというブランドが一番好きという人たちも大変多くいます。

カルティエ・CARTIERの人気は、最近作られたブームということでは決してありません。みなさんは、カルティエ・CARTIERのことを知れば、カルティエ・CARTIERのことをより好きになっていくことでしょう。

カルティエ・CARTIERの魅力

カルティエ・CARTIERは、時計からジュエリーまでいろいろなブランド展開をしているジュエリーブランドです。どの商品をとっても魅力的だと感じるのではないでしょうか。

カルティエ・CARTIERには、他のブランドの追随を許さない壮大な歴史が存在しています。

カルティエ・CARTIERは、 1847年に設立された工房からスタートすることになります。社名は創業者の名字に由来します。

カルティエ・CARTIERはフランス国王エドワード7世に、王の宝石商、宝石商の王と称えられたほどです。

1872年に、息子であるアルフレッドが共同経営者に招き入れられ、1898年にはアルフレッドの息子ルイと一緒に共同経営者に。

1904には、カルティエ・CARTIERは英国のエドワード7世、更にスペインのアルフォンソ13世の御用達のブランドとして成長することになります。

まさに歴史を積み重ねてカルティエ・CARTIERの名前は揺るぎないものへと成長していくことになります。

そもそもカルティエ・CARTIERの魅力とは

そもそもカルティエ・CARTIERの魅力がどこに存在しているのかといえば、芸術的でセンスに溢れているデザイン性と言っていいでしょう。

カルティエ・CARTIERのメーカー自身も、芸術性を生みだし成長させるには……ということをずっと考え続けて来ています。

カルティエ・CARTIERの歴史は、芸術性を生み出すための試行錯誤の時代とも言っていいでしょう。もちろん、魅力的なブランドメーカーとして存在するためには、メーカーの並々ならぬ努力が存在していることも言うまでもないことです。

「フランスの歴史と共にカルティエ・CARTIERあり」という言い方も、多くの人たちがするようになりました。

いかがでしょうか。いろいろカルティエ・CARTIER以外にも魅力的なジュエリーブランドはあります。しかしその中でもやはり際だつ芸術性をもっているジュエリーブランドといえばカルティエ・CARTIERのことです。

宝石が本来持っている価値をベースにし、磨きがかけられた魅力的ジュエリーに注目すれば、それを作る職人達の考え方や、気持ちと言ったものが聞こえてきそうですね。